人気が高まるHARG療法

現在、毛根を育てる役割をするのが女性ホルモンのエストロゲンであるのに対し、男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンは毛母細胞の活動を低下させ、頭髪が成長する前に抜ける原因となり、さらに新しく生える頭髪を細くしていくため、薄毛の要因となっているといわれています。この場合は生え際や頭頂部が薄くなる形で症状が出てきます。最近では女性でも薄毛に悩む方がいらっしゃいますが、女性の場合も加齢や閉経によってホルモンバランスが崩れ、エストロゲンが減少することで相対的に男性ホルモンが優勢になっていることが薄毛の原因となる場合があります。

薄毛「男性ホルモンが原因で薄毛になる」という話は以前からあり、男性ホルモンが強くなって薄毛になりたくないということで男性ホルモンを活発にしそうな運動を避ける男性もいらっしゃるかと思いますが、薄毛を引き起こすのは男性ホルモンの中の一つのみで、さらにそれは女性ホルモンの活動とも関連があるため、男性ホルモンを活発にしそうな日常生活を送っていたとしてもそれが直接薄毛を引き起こすではありありません。

薄毛のメカニズムがわかってきたと同時に、発毛を促すメカニズムも解明されています。その中でもHARG療法は個人差はあるものの副作用が少なく薄毛の悩みを解消できるとして、また男性だけでなく女性にも効果があることで人気が高まっています。

このサイトでは薄毛の対策方法としてHARG療法についてまとめています。気になる方はぜひ参考になさって下さい。

Pocket