HARG療法とは何か

HARGは「ハーグ」と読み、「Hair Re-generative theraphy(毛髪再生治療)」の頭文字を取った呼び名です。この方法は頭皮に直接成長因子を注入し、毛髪発生のサイクルを正常化させることで頭髪の発生を促すという手法です。最大の特徴は、毛根発生サイクルが正常化することから、治療が終了してからも発毛効果が継続されるところでしょう

HARGカクテル薄毛の治療に利用される薬剤は毛髪発生に効果があるものの、毛髪以外の体毛が濃くなることや痒み、血圧低下、妊娠中の女性の場合は胎児への影響といった副作用が報告されています。それに対しHARG療法で利用される薬剤は今までのものとは異なり、ヒトの脂肪幹細胞から抽出した成長因子AAPE(幹細胞抽出増殖因子蛋白質)やビタミン類、アミノ酸などの栄養素を主成分としたHARGカクテルです。このHARGカクテルを頭皮に直接注入することで発毛を促します。HARGカクテルは人体にある成分で構成されているため、副作用はほとんど報告されていません。

このため、HARG療法は胎児への影響が懸念される女性の薄毛対策としても優れています。また、女性の場合は発毛を阻害する男性ホルモン、ジヒドロテストステロンの影響を受けにくいため、HARG療法がより効果を発揮しやすいという報告もあります。

≪参照資料≫名古屋中央クリニック

Pocket